こどもクッキング鶏そぼろ丼





見に来ていただいてありがとうございます
( *´艸`)

某大手お料理教室で
約10年先生していました。
私が目指すところは、
割烹着の似合うおばあちゃんです
鈴木登紀子先生(NHKのばぁばの料理)が憧れです

わたしが働いていたお教室は、
たぶん名前をだせば、
知ってる方も多いと思います。

授業中、会話をしながらレッスンすることをこころがけていました。
けど、このお教室のシステムは、
少し時間配分がキツく、
もっとゆっくり会話したいなと思っていました。
伝えきれなかったことをこのブログ通して伝えていけたらいいなと思っています
(真面目か)

個人のレベルは同じ人はいないし、
へー!と思っていただける点も違います。

お料理を始めたばかりで、野菜の切り方も『いちょう切り?なにそれ』という方もいれば、お料理がすきで、レベルアップしたいという方もいらっしゃいました。

一方的にレシピをのせるこのブログが万人受けするかはわかりません。
台所育児を意識しながら、簡単だけど、
ちょっとしたコツも書き綴っていけたらなぁと思っています。

どうぞお気軽に読んでってください!

こどもと作るおうちレシピなので、
小難しい材料や調味料は使いません!
写真も下手くそです。
普通のスマホで写真をとっています。
数万とあるレシピサイトに比べたら
はるかに地味ですが、
身近に感じていただけたら嬉しいです(*’ω’*)

質問などは、お気軽にコメント欄へ

普段はインスタグラムの中におりますので、そちらへDMくださっても大丈夫です★

娘がお料理熱を発症しました
こどもは褒めて伸ばす!!
間違いない!!
さて、本日の台所育児です

 こどもと作るご飯
 親子クッキング!
 まぜまぜするだけコツいらない

お料理初心者さん、時短優先したい方に
お勧めのレシピです★

鶏そぼろは、作り置きもできるので、
週末に作っておいてもいいですね(‘ω’)ノ
お弁当にも彩りがキレイなので、ぜひそぼろ弁当にもどうぞ!
お弁当にする場合は、汁気はきってくださいね^^


材料(4人分)
〈鶏そぼろ〉
 ★鶏ひき肉 250g~300g
 ★出汁(水 100+本ダシ 小1)
 ★砂糖   大さじ1
 ★酒    大さじ1
 ★みりん  大さじ1
 ★醤油   大さじ2と1/2

〈いり卵〉
 ☆油    適量
 ☆とき卵  4個
 ☆塩    少々(おこのみで砂糖でも) 

 

作り方

1. 鍋に★をいれ、箸でまぜながらそぼろにする→完成。むずかしくない(‘ω’)

2. フライパンに、油を熱し、溶いた卵+塩少々(お好みで砂糖でも)を混ぜたものを流しいれ、いり卵をつくる
→完成。むずかしくない(‘ω’)

3. ご飯に盛って完成。
こどもたちには、食べたい量をスプーンでよそって食べてもらいました!

鶏そぼろ丼とお汁とあと一品で立派な献立になりませんか?
鶏そぼろ丼、なんにも考えなくてもできるので好きなんです( *´艸`)

多めに作っておいて冷凍も可能です
鶏そぼろ弁当も彩りがきれいですね!
きぬさややインゲンなどを添えて三食丼にするととても色味がきれいだと思います。

鶏むねミンチ鶏ももミンチ
どちら派ですか?
気にされてる方いるのかな?

安いのは鶏むねミンチですが、ちょっとだけ固くなりますよね!
ヘルシーにいきたい方は、鶏むねミンチ、
やわらかく食べたい方は、鶏ももミンチ☆
胸肉のほうが安いです^^

お好みで生姜の絞り汁をいれたり、
仕上げに隠し味でお味噌くわえたり、いろいろアレンジしてみてくださいね

家庭の味、母の味、作ってみてください

はじめましての方へ
ナミへーさんのブログのサイトマップ
ナミへーさんのブログサイトマップ
ぜひご覧くださいませ

レンチンレシピはこちらにもございます
レンチン10分気づいたら出来出た◇鶏チャーシュー

✅元有名ブロガーの主人にわたしのブログの写真はすべてマズそうだとダメだしされた話
✅仮想通貨塩漬けライフ
✅娘にポン活のお菓子はもう嫌だと泣かれた話(涙)
✅親子クッキング◇鶏そぼろ丼

などブログ更新予定です
読んでみたいと思ったら、ぜひブックマークしていただけたら嬉しいです★

インスタグラムで更新記事をお知らせしています^^
よければフォローもお願いします^^

インスタグラム

リンクの貼り方わからないので、勉強します(´;ω;`)ウゥゥ
機械音痴ツライ