中学3年生までに教育資金を貯めるべき3つの理由

子どもが生まれたら、「よし!教育資金を貯めるぞ!」と強い意気込みを持つ方は多いのではないでしょうか。

子どもが生まれて、すぐにでも教育資金を計画して準備を始めることにはメリットがたくさんあります。

それは、積立期間が長いほど、月々の積立金額が少なくて負担が軽く済むからです。教育資金作りのポイントは、計画的な早めの準備です。

しかし、

  • 実際にいくら教育資金ってかかるの?
  • 公立?私立?差額はいくら?
  • 大学入学費以外にも生活費や下宿代、塾代は?
  • いつまで貯めたらいいの?

など、考えるほどに疑問はたくさん出てきます。

 

この記事では、『中学3年生までに教育資金を貯めるべき3つの理由』をご紹介します。

ステップ①教育資金の目標額を決めよう

教育資金を貯めるには、お子さんの進路によって、金額はかなり変わってきます。

まずは、ステップ①「教育資金をいくら貯めるのか」を決めましょう。

私立中高一貫教育に通わせたいのか、オール国公立なのか、専門学校なのか、私立理系大学に進むのか、それにより、ベースとなる金額は変わってきます。夫婦で教育費の価値観が異なる場合も多いです。中学受験を希望するのがオール公立なのかで、いつまでにいくら貯めなければいけないのかも変わります。ご夫婦でもよく話し合ってくださいね。

 

オール公立で大学・専門学校の場合、最低でも子供一人「300万円~500万円」を目安に貯めましょう。

基本的には、大学入学時に300万~500万円貯蓄しておくのが目標です。300万円あれば、大学入学費用の約100万円が貯蓄からだせますし、大学在学中の不足分は、アルバイトや奨学金で補うことが可能です。

ステップ②目標額が決まったら、いつまでにどういう方法で貯めるか決めよう

目標額を決めたら、ステップ②いつまでにどういう方法で貯めるかを決めましょう。

子どもが生まれたら、少額で細く長く貯めることが一番確実に貯めれる方法です。

児童手当を全額貯めると約200万円

中学生以下の子どもがいる家庭に支給される児童手当はみなさんどうされていますか?この児童手当をうまく利用しましょう。

  • 0~3歳未満    月15000円
  • 3歳~小学校修了前 月10000円(第3子以降は月15000円)
  • 中学生(一律)   月10000円

児童手当をまるまる全額貯めると約200万円貯まることになります。

※児童手当には、所得制限があり、制限を超えた年収がある場合には、月5000円に減額になります。

 

児童手当と別に積立を同時に行う

児童手当とは国から支給されるものになるので、児童手当とは別に、親が現金積立をした場合、

  • 月5000円積立×15年=90万円
  • 月10000円積立×15年=180万円

児童手当の約200万円を足すと、中学卒業までに

月5000円の積み立てで290万円、

月10000円の積み立てで380万円、貯めることができる計算になります。

しかし、お子さんが2人なら、積み立てる金額も2倍になります。

我が家は主人が晩婚の為、結構この2倍というのがしんどいのが本音です。

どうしても、500万円貯めるのが無理なら、「一人200万円までは」とハードルをさげる勇気も必要です。

教育資金にとらわれてしまい、老後資金が足りたいのは大きな問題です。

中学3年生までに教育資金を貯めるべき3つの理由

ここまでのお話の中で、児童手当を利用し、15年積立をする方法をご紹介しました。

私は、教育資金は中学3年生までに貯めるべきだと思っています。

その3つの理由をご紹介します。

理由①高校生になると貯めにくくなる

これは、リアルな友人の話です。

サッカー部の息子さんを持つ友人。

高校生のママ証言
高校生になると、大人一人分のお金がかかる。
部活をすると、部費、練習用と試合用、防寒着、頻繁に買い替えるスパイク代、遠征費、合宿代、食費がかかり高額。

高校生になると、オシャレもしたくなるので、服も大人と変わらない値段。そしてオシャレな服は高い!

友達とでかけるからとお小遣いが欲しいと言い出し、携帯はiPhoneがいい、携帯代もかかる。交通の便がいい高校は、偏差値が高い。どの高校に進学するかによっては、電車代やバス代の費用がかなり高額になってくる。
良い高校に通わせたいなら、中学からの塾通いも視野に入れないといけないよ。塾代の家計への負担も多く、食費も大人一人分以上かかる。積立どころではないよ

お分かりいただけたでしょうか。とても恐怖です。。高校生になると貯めれる気がしません。

理由②子どもの進路希望に対応しやすくなる

お子さんが小さい間は、夫婦で話しあって、こういった進路に進んでほしいなという希望のもとで、教育費の目標金額を設定しているかと思います。

しかし、高校生になると、自分のやりたいものや進学したい道が見つかる子も多くなってきます。

両親の希望は、オール公立のつもりだったとしても、私立理系へ進学希望になるかもしれません。

15歳までに貯める!と早めの目標設定を立てておけば、お子さんが急に違う進路に進みたいと希望しても金銭的な方向転換はまだ可能なタイミングではあります。

理由③老後資金準備も親の大切な役目

誰もが訪れる老後。教育資金にばかり目を向けていて、自分たちの老後資金が全く足りなかったということになれば大問題です。

子どもに老後の支援をしてもらわなければいけなくなるかもしれません。

インフレによる生活コストの上昇や、消費税アップ、医療介護費の負担増など、私たちの将来は不明確です。

しっかりと老後資金を準備しておく必要があります。

 

中学3年生までに教育資金を貯めることができたなら、その後は老後資金や住宅ローンの繰り上げ返済など、お金を回ることができるようになります。

あなたのお子さんが中学3年生のとき、あなたは何歳ですか?

我が家は、末子が中学3年生になったとき、主人は54歳、私は46歳です(;’∀’)

主人の定年まであと少ししかありません。

高校卒業までに大学資金を貯める計画でいたら、我が家の老後資金は全く貯めれません。早め早めの行動が大事になっていきます。

面白い記事を見つけました。ぜひ読んでほしい

トウシル楽天証券さんの11月29日の記事です。

中学3年生の時に、親父から「300万円を投資して自分で大学へいくか、親のスネをかじって大学へいくか決めろ」といわれた白石さん。

中学3年生から株式投資を始めたそうです。運用でマイナスになりながらも、親の援助一切なしで300万円を元手に慶応義塾大学理工学部を卒業されたそう。

この経験から、

私が学生時代に培った経験は、
(1) 資産運用について真剣に考え、ワクワクし、青ざめる経験もしたこと
(2) お金のやりくりを、身をもって体験したこと
(3) 追加の資金援助を得ずに、与えられた資金で、自己責任のもとで卒業まで至ったこと

です。

と言われています。

若いうちに資産運用の経験を自分自身でしておくことはとても貴重な経験です。
子どもを信じてお金を任せる。
なかなかできることではありません。

しかし、全額親が貯めたお金で大学費用を払うのと、自分で考えて卒業するのでは、全く得られるものが違います。

このコラムを読み、わが子が高校受験をする中学3年生のときに、進学のお金についてお話をしようと思いました。

白石さん、貴重な経験談をお聞かせいただきありがとうございました。

このブログを読まれているみなさんも、よければぜひお読みください。

 

しかし、まぁ一般的に、中学生や高校生が「株をやりたい」と言えば、「ダメ!」という方が多いでしょう。

理由としては

  • 「まだ早い」
  • 「子供はそんなことしなくていい」
  • 「社会人になってから自分の金でやれ」
  • 「株はギャンブルだ」
  • 「子どものうちからお金お金を言って欲しくない」

などが一般的だと思います。まだまだ、お金の話は汚いと思われている風潮は強いですね。

しかし、株式をきっかけに、経済や政治、金融について勉強しておくと人生面白いのは確かだと思います。この先の進路にも影響すると思います。

 

 

さてさて、わがやの愛すべきこどもたちは、さてどのような道に進みたいのでしょうか。

今彼女たちにきくと「ペットショップの店員さん」と「アイドル」らしいです( ´艸`)

小学生らしい答えですね^^

こどもたちの未来が明るいものでありますように。さて、母さんも頑張ることにします。

私の利用している証券会社は楽天証券です。

楽天証券

投資レポートやコラムも大変面白いです。

よければ、覗いてみてくださいね。

コツコツ積み立ては、

  • 定期預金積立(楽天銀行)
  • ジュニアNISA(楽天証券)
  • 一般NISA(楽天証券)
  • 積立NISA(楽天証券)

などを活用するといいと思います。

こちらの内容については、執筆中ですので、また今度。

今日もお読みいただきありがとうございました!!

ご興味ある方は、こちらもどうぞ