【10月実績経過報告】ウェルスナビは投資初心者の入口として最適

ナミへー
こんにちは! ナミへーです!子育て世代主婦の投資シリーズ、ウェルスナビ編です

老後2000万円問題も騒がれる中、時間を味方にすべく、資産運用をしています。

家計見直し、投資、ポイ活、キャッシュレスPAY活、お得活動の波を自分なりに疲れない範囲で取り入れています。

 

デイトレーダーもカッコいいと憧れますが、子育て主婦業が優先なので、なかなか相場に張りつくこともできません。

投資信託、米国ETFも購入していますが、そのうちの一つ、少額で運用しているウェルスナビをご紹介します。

 

この記事では、ロボアドバイザーのウェルスナビがどんな結果を出してくれるのか、毎月報告していきたいと思きます!


ではさっそく10月の実績報告から見てみましょう↓↓

ウェルスナビ10月実績報告

10/31時点

投資額13万円が147,093円まで増えています。評価利回りは、+13.15%(円換算ベース)です。ドルベースだと、+14.79%です。

ウェルスナビは米国ETFをドルで購入しているので、円安になったときはドルベースでも増えてくれます。

株高ということもあり、増えています。

ほったらかしでこの成績は凄いです。ウェルスナビ様ありがとうございます。

資金の逃避先である金も伸びています。不動産は下がっていますね。。。これは何かの暗示でしょうか。。。

 

過去の運用実績はこちら 分散投資の一つ、ウェルスナビ。運用成績報告

投資は自己責任。余剰資金で行いましょう。

ウェルスナビのポートフォリオ

私のポートフォリオはこのような割合になります。

ほったらかしのため、リスク許容度5に設定しています。

リスク許容度↑ 米国株、日欧株、新興国株が割合多めになります。

リスク許容度↓ 債権、金、不動産の割合が多めになります。

 

自動でリバランスしてくれるため、ポートフォリオが自分で組めない方にはとても勉強になると思います。

自動で見直しをしてくれる、資産運用の手間が『ゼロ』なのがウェルスナビの魅力ですね。

人間、どうしても儲かるものに偏りがちになってしまって、知らない間にハイリスクな投資をしていることが多いです。

資産配分をみて、さらに自分で分析をすることができます。

↓ウェルスナビを見てみる↓



ウェルスナビのデメリット

では、ウェルスナビのデメリットは?

NISA枠はつかえない

NISAを利用されている方は、非課税を考えると、ウェルスナビよりNISAに回した方がいいと思います。

ウェルスナビのいいところは、自動で運用してくれて、ポートフォリオの勉強にはなるところです。

手数料やNISAが使えないデメリットはありますが、逆にメリットは、いつでも出金できるところです。

NISAもiDeCoも出口対策が大事。ウェルスナビの出口もしかり。

手数料1%は高いのか

ウェルスナビの手数料はシンプルです。

預かり資産に対して、年率1.0%(税別)の手数料がかかります。この手数料を高いと思うのか低いと思うのかは投資家次第だと思います。

 

自分でやる場合は、『判断・選択・注文・運用・見直し・納税』などすべて行わなければいけません。それらの手間をすべて自動でやってくれるコストが1%です。

1000万円を運用するのであれば、手数料1%は大きいと思います。

しかし、わたしは仕事も、子育ても、家事も手一杯。100万円以下の運用であれば、分散投資のひとつにロボアドがあってもいいかと思います。

コストに見合うような結果をだしてくれるかは、誰にもわからない世界です。

手数料が気になる方は、株式投資をオススメします。

ただ、株式投資にも、銘柄選び、相場、判断が必要です。運やセンスも必要ですね。こちらも確実さは言えません。

ウェルスナビの投資先は、アメリカETFなので、長期的に考えるなら、手間をかけずに投資できる便利な投資法だと思います。

個人的には

『下がったら買う』ができない投資初心者は、初期投資10万円、月々1万円積立のドルコスト平均法で初めてみるのもいいかなと思います。

やっぱりお金って、必要以上に考えると疲れてきちゃいます。

お金に振り回されない、ウェルスナビが好きです。。。

 

ウェルスナビで損失?

ウェルスナビで損失を出したことは一度だけあります。

2018年クリスマスの時期です。しかし、それ以降は順調に伸ばしてくれています。

ナミへー
手間をかける投資はいくらでもあるけど、銀行に10万円預けている感覚で続けているよ。このまま放置し続けます。

10年を超える長期投資を前提とした投資商品なので、一喜一憂してはいけません。長い目でお付き合いしていきます。

ウェルスナビはいつ始めた方がいいのか?

株式や投資信託などの価値は毎日変わります。

なるべく安いときに買うのが一番ですが、明日上がるか下がるかは判断難しいところです。安く買って、高く売る 為替ルートの行き先を見極めることはプロでも難しいです。

 

「ウェルスナビはいつ始めたほうがいいのか?」

答えは、

「長期投資は早ければ早いほどいい」です。定期的に一定額をコツコツを積み立てることで、着実に資産を築くことができます。

 

私も先日手持ちのETFをすべて売却しましたが、早すぎました(笑)難し~

長期投資をすれば、全てが儲かるわけではありませんが、利益を積み上げる可能性があることに間違いはありません。

今ならキャンペーンやっています

ウェルスナビを初めて利用する人でも、今現在ご利用中の方も20万円以上のご入金で最大5万円をプレゼントするというもの。

新CM記念キャンペーン

  • キャンペーン期間

10月5日(土)~11月29日(金)まで

  • キャッシュバック金額

入金額に応じて、下記の金額をプレゼント

  • 適用条件
  1. 当キャンペーンにエントリーを行う
  2. キャンペーン期間中に20万円以上の入金を行う
  3. 2019年11月29日(金)までに資産運用を開始している
  4. 2019年10月5日(土)~2020年1月31日(金)に一度も出金を行わない

この機会に気になっていた方はチェックしてみてください。

↓わたしの使っているウェルスナビはこちら↓


ウェルスナビ10月運用実績/まとめ

分散投資の一つとしてウェルスナビを始めてみました。正直すごく楽です。

私がウェルスナビを始めたきっかけは、CEO柴山和久さんの考えに触れたことがきっかけです。

本も出されています。ぜひ手に取って読んでみてください。いかに人間の脳が投資に向いていないかが分かります。

私は仕事もしているし、こどもとの時間も大事にしたいので、手数料1%払ってでも、このサービスは手間がかからず良いものだと思いました。毎月積み立てを始めました。


ウェルスナビの公式ホームページには、初心者向けと言う言葉は書いてありません。
そもそも投資に初心者向けなどないのです。みんながお金を殖やしたくて投資をやっている。そんな戦場に、裸で『初心者です。よろしくお願いします』と旗をもってむかっているようなもの。

あくまでウェルスナビは、わたしのように時間がないけど、投資がしたい。自分の時間を優先したい人、そんな方向けだと思います。

勧めてはいません。当てはまる方のみどうぞ。

↓わたしの使っているウェルスナビはこちら↓