家計を圧迫する車維持費。田舎だから手放せない。ではどうするか?

家計を圧迫する車維持費。田舎だから手放せない。ではどうするか?

節約や家計見直しをしている方は聞かれたことがあるはず
車の断車離

● 都市部では、レンタカー利用・カーシェア利用が増加
● 車は持たずに必要な時に使うもの
● 経済的理由で車を保有しない(できない)
● 若者は車を所有したいという意識は低い
● 「車検代」「自動車税」「任意自動車保険」など負担が大きい

このような理由で車を手放す人が増えてきています。固定費の見直し項目に、「車を手放す」という項目も目にするようになってきました。

車を一生保有した場合にかかる金額

車を保有する際にかかる費用項目
✅車両購入費用(ローン・金利)
✅任意自動車保険
✅車検
✅ガソリン代
✅駐車場代
✅自動車税
✅消耗品(タイヤ代など)

一生自動車を保有した場合、約4000万円と言われます。
4000万といわれてもなかなかイメージがわきませんよね?
では、リアルな我が家の現在の車維持費(年間合計平均額)に当てはめていきます。

実は、この記事を書いている我が家も田舎暮らし、車二台必須、車維持費が家計を圧迫しています。

主人の車ローン    312,000円(月26000円)
任意自動車保険(2台) 100,000円(5万×2)
(車両保険込み)
車検(1年で割る)   120,000円
ガソリン代(2台)   360,000円(月30000円)
自動車税(2台)     80,000円
タイヤ代        60,000円
合計        1,032,000円

うわぁ…Σ(゚д゚lll)103万円。車を維持するだけで100万なんですね

実は、車を維持し続けるのはこんなにかかります。
これから40年車に乗り続けるとして
約100万円×40年=4000万円。
老後資金2000万円余裕に貯めれますね☻

車を維持するだけで月8万円かかる計算です。車に乗るだけで月8万。月8万という金額をあなただったらどう受け止めますか?
あらためて数字で見てみるといかがでしょうか?あなただったら車手放しますか?

 

田舎暮らしだから車は手放せない人はどう考える?

私が住んでいる地域は、田舎で公共交通機関がありません。仕事へ行くにも、保育園の送迎にも車は必須です。

『車がないと生活できない』からこれは必要経費だと思い、固定費の見直しの際、ここは見直すことができない項目だと思っていました。
車費の節約は、お得活動や貯めたポイントでガソリンを入れたり、モニターサイトでガソリンを入れたり。月5,000円できるかできないかの節約を必死にしていました。

 

では、車は浪費なのか。消費なのか

『車がないと生活できない』から、必要経費(=消費)だと思っていました。

では改めて考えてみなす

浪費とは [名](スル)
金銭・時間・精力などをむだに使うこと。むだづかい。「資源を浪費する」「浪費家」

消費とは[名](スル)
1 使ってなくすこと。金銭・物質・エネルギー・時間などについていう。「ガスを消費する」「消費電力」
2 人が欲望を満たすために、財貨・サービスを使うこと。「個人消費」

引用先 https://kotobank.jp/

現金一括で買えない新車をローンで買うのは浪費ではないのか?

車を手放せないから月8万円を払い続けるしかない。けどとてもツライ。
わたしは真面目に家計見直しをして、資産形成して、負債を減らして、資産を増やしたいと真面目に思っています。
独身だったら、家賃がかからない安い家に住んで、車は手放す方法をとったと思います。

しかし、今はマイホームもあるし、子供もいるので、車は必須。
人生のおける三大支出の住宅ローンと車(と保険)に縛られていました。

車はなんのためにいるのか?新車でないといけないのか?

●仕事に行く
●買い物に行く
●送り迎えに使う
●休日のお出かけに使う
●雨の日助かる
●緊急時助かる

車がないと生活できない=移動手段として車が必要
新車である必要は。。。ない!!!

そうなんです。車は必要だけど、貯金もしたいといいながら、わざわざ一括で買えない車をローン組んでかうという浪費(贅沢)をしていました。
これは消費ではなく、浪費です。

仕事に行くのに、ローンを組んだ新車じゃないとダメなのか
買い物に行くのに、ローンを組んだ新車じゃないとダメなのか
送り迎えに使うのに、ローンを組んだ新車じゃないとダメなのか
休日のお出かけに使うのに、ローンを組んだ新車じゃないとダメなのか
雨の日助かるのに、ローンを組んだ新車じゃないとダメなのか
緊急時助かるのに、ローンを組んだ新車じゃないとダメなのか

ポイントサイトやモニターサイトを利用して、1回のガソリン代を節約する前に、
身の丈にあわなすぎる〇百万を節約したらどうなのか。。。

見栄を張りたければ、〇百万の新車を買えばいい。40年この生活を繰り返せば、4000万円は貯まらない。

車を手放せないのであればローンは組まない車を買う

消費と浪費に気づけたところで、改めて見直してみる

主人の車ローン    →  0円を目指す
任意自動車保険(2台) → 50,000円(車両保険を外す)
車検(1年で割る)   → 120,000円
ガソリン代(2台)   → 180,000円(燃費のいい車に乗り換える)
自動車税(2台)    → ~80,000円
タイヤ代       →  60,000円
合計           490,000円

50%削減に成功(できるはずです)
49万÷12か月=40833円

ローンを組まないを選択するだけで、月40000円も節約することができます。

すごく雑な計算です(^^;

任意自動車保険に、車両保険をつけているのは、車のローンがあるからでした。そもそもローンでしか払えない車にのるから、ぶつけた時のために、車両保険に入らなければならない。
修理代は現金で貯めれば保険の必要はありません。

節約できた月40000円を年利5%で長期30年間積立投資をするとこんな結果に。

老後資金貯めれるやん☻

 

まずは毎年更新の自動車保険の見直しから!!

すぐに車の買い替えができるわけでもなく、ガソリン代が半額になることはありません。

上記項目の中で一番すぐにとりかかりができるのは、自動車保険の見直しです。

自動車保険はどのように決めていますか?

保険内容は毎年見直ししていますか?

2台所有であれば、夫婦で重複している項目はないでしょうか?(←見落としがちです)

車両保険はぜったいに必要なのでしょうか?

自動車保険一括見積は利用していますか?

こちらの記事もあわせてお読みください。

 

田舎暮らしの車維持費 まとめ

あらためて、家計の見直しは、食費や電気代など少額を節約して毎月頑張って気持ちを消耗するよりも、家計に影響が大きいものを見直しことがはるかに重要だと思いました。

今まで、田舎だから一人1台車必要だし、車の見直しは無理とあきらめていましたが、そもそも贅沢な浪費をしていることに気づけました。

 

キャンプが趣味の我が家。所有している車は四駆です。燃費かなり悪いです。好きなキャンプをするために、この車を選びました。が、キャンプがしたいなら、キャンピングカーのレンタルのほうがはるかにコストがかからない。キャンプの時だけ四駆のレンタカーの方がはるかにコストがかからない。四駆を手放すということは、きっと主人は納得してくれないと思いますが、家族間でのお金の考え方のすり寄りは少しずつ見直していきたいと思います。

もちろん現金一括で買っても次の乗り換えの時のために積立が必要になってきます。
来年はこどもたち二人とも小学生。小学生高学年から大きな金額のお金が必要になってきます。
いい車に乗りたい、新車に乗りたい、それで心が豊かになるのなら、人生でよい買い物なのではないか。〇百万をニコニコ現金払いで払えるならいいと思います。
今、我が家にとって何が最優先なのか。
車ではなく、子供たちの教育資金の確保が最優先です。

自分にとって一番優先すべきものは何なのか。車費の在り方を今一度見直してみたいと思います。

まずはローン完済を目指すぞーーー!!

 


最後までお読みいただきありがとうございました♡

少しでもお役に立てたら、この記事をシェアして頂けると泣いて喜びます。


<ABOUT ME>

ナミヘー
約10年間大手お料理教室で先生をしていた姉妹のお母ちゃん。『料理』『製菓』『製パン』『和菓子』の講師資格を所有。主婦目線の『いまさら聞けない料理の疑問』や、簡単に作れるレシピを発信しています。プロフィールはこちら

はじめましての方へ
ナミへーさんのブログサイトマップをご用意しました!
namihei_kakeiboインスタグラムも更新しています★